<君たちはどうイクのか 紗倉まな編>褒めテクはギャル男に学べ!「すごっ」とか「ヤバっ」とかシンプルのほうがいいかも!?

2019年05月29日 23時00分

デビュー以来、変わらぬ輝きを放ち続けている紗倉まなクン、川上奈々美クン、小島みなみクンの“イキざま”にスポットを当てるエロアカデミック東スポ連載がコチラ。後輩のAV女優から尊敬されることも多い紗倉まなクンに学ぶ“褒め”の極意とは?

こんにちは、紗倉まなです。「エロアカデミック」という、おそらく東スポさんしか使わないパワーワードに負けないよう頑張りますので、よろしくお願いします。私がえろ屋としてデビューしたとき、こう言われたことがありました。

「そんなにキレイじゃないけど愛嬌があっていいね!」 ……。自分を褒めてもらったような気もするけど、何か違う。何か引っかかる。しばらく考えてみると「愛嬌があるからいい」のではなくて、まず「キレイじゃない」ことが先にあったのでは?そう思ってしまったのです。

だから私は“勝手に”傷つき、言われる前から自分=芋女と分かっていたけど、「私はやっぱり芋女なんだ」と再認識し、それ以来、芋女であることをポジティブに受け止めようと心したのです。

何が言いたいかと言えば、褒めることの難しさについて。褒める側は良かれと思って“勝手に”褒めますが、褒めポイントを間違えていたら響かないし、場合によっては傷つけてしまうことすらある。だからこそ、褒め上手の人はスゴいのです。

例えば、私みたいなへちゃむくれにとっては「美人だね」と言われるのが最大の褒め言葉になりますが、実際に美人な人は「美人だね」と言われ続けること自体がコンプレックスだったりするのです。信じられないけど(白目)。

つまり、人によって褒めるべきポイントが違うし、事実であったとしても本人の褒められたいポイントと異なるケースがある!となると「褒める」という行為は、相手の自己評価の低いところを見つけることなのではないでしょうか?

と偉そうに言ってみましたが、実際にはすごく難しいんです。私自身、後輩をメッチャ褒めますが、「長いこと説明したらうさん臭いって思われるかな?」と内心思っていて、「すごっ」とか「ヤバっ」とギャル男のように褒めてます。まあ、それくらいシンプルのほうがいいのかもしれないな。褒めるときだけギャル男に変身術、案外使えますよ。かく言う私もAVレビューの「抜ける!」のひと言で喜んでいますから。

■紗倉まな(さくら・まな)1993年3月23日生まれ。血液型=B。身長160センチ、B89(Fカップ)・W58・H89。2012年2月にSODstar専属女優としてAVデビュー。16年には「最低。」で小説家デビュー。ツイッターは【https://twitter.com/sakuramanateee

《東スポ 男セン》

関連記事

<黄金のカルテット 小島みなみ編>〝大人カワイイ〟を目指してる みなみクンの憧れはスカーレット・ヨハンソン ...

  小島みなみクン、紗倉まなクン、小倉由菜クン、川上奈々美クンの4人からなる「黄金のカルテット」は、どんな話題だって色っぽいエロトークにして無邪気に楽しんじゃいます。今週は〝大人カワイイ〟を目指して努力を続けている小島みなみクンの ...

11月20日 23時00分

<たかしょーの 気になるでしょー>カーセックスって体勢が不自然で、イイところに当たらないんですよね。シートベルトの金具とかも気になっちゃうし…。ただ、天井にあるグリップはかなり使えますよ~ ...

  人気AV女優は単にヤルだけではなく、いろいろなことを考えているようです。高橋しょう子クンがエッチに関して気になることをお話しします。   ちょっと前にカーセックスのシーンを撮影したんですが、いろいろと気になっちゃって ...

11月19日 23時00分

<人気AV女優の素顔と私生活>もともと乳首舐めが〝好物〟だった日下部加奈クン。「男優さんからも上手だねって言われて」と自信もつけた。今後はマシュマロ乳を武器に、さらなる成長を誓う ...

  本日ご登場いただくのは、今年9月にムーディーズ専属女優へと華麗なる転身を遂げたあの爆乳女子社員、日下部加奈クンだ。女子社員時代には見せられなかったエロスが一気に解放され、今まさに女であることを謳歌しているようです。   ...

11月18日 23時00分