<出会ってみたらエロかった!>幼なじみと再会し燃え盛る華道家ねえ、私のオマ×コに、祐二くんのチ●ポを活けて!」

2020年03月24日 21時00分

これまで3000人以上の人妻を取材してきた官能作家・常盤準氏がお届けするこのコーナー。毎週、SNSでコンタクトを取った素人妻にインタビューして、淫らな本性を暴いていくぞ。

「中学から華道を習っていました。師範になったのは23歳のときです」透明感あふれる久美子さんは、去年、念願の華道教室を開いたそうだ。「夫婦の住まいからは少し遠いんですけど、実家近くの風情ある古民家を格安で借りられたので」

週3の教室は盛況でかなりの生花を使う。なんとその仕入れ先が幼なじみの花屋なのだという。「幼稚園から一緒の祐二くんが家業を継いでいたんです。私、子供の頃から花が大好きだったので、小学校の低学年ぐらいまでよく祐二くんちに遊びに行ってたんですね。毎日お花に囲まれて、うらやましいなぁ~って」

祐二くんの部屋で遊ぶことも多く、久美子さんはときどきエッチなことをしていたと明かす。「ええ、アソコを見られたり、触られたり。まあ、私も祐二くんの、ちっちゃいゾウさんの鼻みたいなチンチンを…いろいろしてましたけどね」そう言って頬を染めた表情がなんとも色っぽい。

そんな2人がW不倫関係になってしまったのは、つい先月のことだという。「新型コロナウイルスで教室もお休みすることにしたんです。部屋を掃除していたら、祐二くんが様子を見にきてくれて」和室でお茶を飲みながら、いつしか話題は懐かしい幼き日の思い出に。

「オカッパだった久美子が和服の似合うお花の先生だもんなぁ」「祐二くんだって…ん、むぐう」いきなりキスをされた。抵抗するふりをしながら、入ってきた太い舌に舌を絡めていた。着物の上からお尻を揉まれてノーパンなのがバレてしまった。

「エロいなぁ久美子。もうヌルヌルじゃないか」着物の前から手を入れてきた祐二くんが言った。すぐにグチャッ、グチュッという音が聞こえた。「その音が恥ずかしかったんで、私、祐二くんをあお向けにして、着物の裾を捲って顔にアソコを押しつけてしまったんです。

ええ、顔面騎乗、前からやってみたかったし」夢中で腰を振っていると下から声がした。「あの頃の久美子のオマ×コは一本筋だったのに、こんなにビラビラが入り組んで…エロすぎるぞ」久美子さんは叫んだ。「ねえ、私のオマ×コに、祐二くんのチ●ポを活けて!いっぱい活けて!」 (取材・文/常盤準)

 【人妻プロフィル】久美子さん(仮名)。32歳。女子高、女子大では華道を学びつつテニス部でも活躍。就職した通信系の企業で知り合った同い年の夫と3年前に結婚。夫も華道教室には賛成で資金面も協力してくれた。

 常盤準(ときわ・じゅん)昭和のテレクラから平成の出会い系を経て、現在はSNSで人妻との出会いを追求する官能作家。

 《東スポ 男セン》

関連記事

<言葉責め辞典>【最終回】 女性を興奮させる効果的なキーワード〈番外編〉 ...

  スケベでMっ気のある女性を、さらに乱れさせるには「言葉責め」がもってこい!ということで、効果的なキーワードを挙げて具体例を紹介してきた当コーナーも、いよいよ最終回となりました。ラストも職業別に責めますよ。 『歯科衛生士を責める ...

04月01日 17時00分

<出会ってみたらエロかった!>「ハケンの品格」持ちながら痴女プレイの人妻 合コン三昧で独身時代より興奮 ...

これまで3000人以上の人妻を取材してきた官能作家・常盤準氏がお届けするこのコーナー。毎週、SNSでコンタクトを取った素人妻にインタビューして、淫らな本性を暴いていくぞ。 篠原涼子主演のドラマ「ハケンの品格」。13年ぶりの続編が4月からオン ...

03月31日 21時00分

<エロゲーの館>学生と教師たちが次々と禁断の関係に…「これからアナタを奪うから!!!」 ...

家にこもり気味の方は、男センがオススメするエロゲーで気分を一新してみるのもいいだろう。本日紹介する「これからアナタを奪うから!!!」(アイチェリー・発売中)は、優しい保健の先生とモデルのような美人科学教師の裏の顔を知る男子学生が主人公のゲー ...

03月31日 17時00分